清明の会 ロゴマークの意味

  • 2020.07.23 Thursday
  • 18:11

 

清明の会で使わせていただいているロゴマークには、

 

じつは神話の世界の意味が込められています。^^

 

 

 

 

赤は太陽、緑は榊、黄色は釵子(さいし)という冠を表しています。

 

これは何かというと・・・

 

 

神話の時代に、天照大神が弟のスサノオ神の数々の乱暴のため、

 

岩戸に隠れてしまわれました。

 

そのときに、神々が相談して、岩戸の前で宴を開き、

 

中にいらっしゃる天照大神が関心をもって出てきてくださるように

 

集いを行いました。

 

その岩戸の前には、天の香久山から持ってこられた榊の木が置かれたそうです。

 

榊のことが、天の香久山の笹葉とも呼ばれるのはそのためです。

 

 

そして、このときにアメノウズメノミコトが神々の前で激しく踊り、

 

みんなが手を叩いて大騒ぎしたことで、天照大神がこそっと

 

岩戸の陰から覗かれたのだそうです。^^

 

 

このため、日本最古の舞人はアメノウズメノミコトだったと言われます。

 

(ちなみに、JDACというダンス教育振興連盟のロゴマークは、

 

 アメノウズメノミコトだそうです)

 

 

 

太陽は天照大神、黄色の冠は釵子(さいし)と呼ばれるもので、

 

天照大神の絵には頭に被られているところが描かれています。

 

 

祭祀舞でも、榊を持たせていただくことがありますので、

 

神聖な榊(緑)と天照大神を表す太陽(赤)と冠(黄色)を

 

ロゴマークとして使わせていただき、神舞の起源に思いをはせてみました。^^

 

 

日本人にとって日本の神話は大切な世界だと思います。

 

その世界を使わせていただくことをありがたく思いながら、

 

和の心、真心、清き明き心を探求していきたいと思っています。

 

それは崇高なものだけでなく、とても身近にあるもの、生活の中に

 

あるものだと思います。

 

それがあるのが日本人らしい生き方だったのではないかな、と。

 

たとえ清濁併せ吞む世の中だったとしても、日本人の心にはつねにその片鱗が

 

あったのではないかな、と思います。^^

 

 

ロゴマークのお話は、ギャラリーみつたま便りのブログにも

 

書かせていただきました。^^

 

こちらもよろしければご覧ください。

 

http://shop.seimei.tokyo/?eid=10

 

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ブログ紹介:和ごころ*真ごころ

  • 2020.07.11 Saturday
  • 15:43

 

清明の会のメンバーで、手すき和紙のポチ包みなどを作っている

 

さちさんのブログをご紹介します。^^

 

 

ブログ:和ごころ*真ごころ

 

 

 

 

 

 

和紙の魅力を伝えているさちさんは、薬草やお花もいろいろと

 

調べていらっしゃいます。

 

 

生命力あふれる植物たちの写真は、

 

観ているだけで、木々や草の香りが伝わってきそうで、癒されますよ。^^

 

和紙に使われる原料も、自然の中にあるものです。

 

その風合いが伝わるのは、やはり手すきで作られた和紙ですね。

 

どうぞご覧ください!

 

 

 

ところで、もともと日本人は色などを表現するときに、

 

季節の移り変わりの様子や植物などを名前に

 

使うことが多かったと思います。

 

若草色、萌黄色、などなど、本当に植物たちを

 

よく観ていたのだなぁと、自然の中にある色を愛情もって

 

眺めていたことが感じられます。

 

 

そんな伝統色を、文具メーカーが形にしてくれました!

 

シャチハタから、いろもようというシリーズで、伝統色の

 

スタンプパッドが販売されています。^^

 

創作神舞を楽しむというブログにも書きましたが、

 

このような日本の伝統色にも、身近になじめるものがあるのは

 

嬉しいですね。

 

子供たちにも、伝統色の名前に親しんで、木や花にも

 

思いをはせてもらえたらいいなと思います。

 

 

お客様からいただいた声:御守立

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 15:19

 

私たちメンバーは、手作りの作品をミンネというサイトに出品していますが

 

その中に「御守立」という作品がありますので、ご紹介します。^^

 

 

名前のとおり、お守りを立てられる小さな台ですが、

 

しめ縄も鳥居も水引もあり、

 

お札を立てて祀ることもできますので、

 

ちょっとしたスペースが、神聖な大事な空間になります。

 

 

なぜ御守立なのかというと・・・

 

 

お守りは、とても身近なものだと思います。

 

カバンにつけたりして、いつも守ってくれています。

 

特に小学生の子が、ランドセルに交通安全や学業のお守りを

 

つけていたりすると、微笑ましくなります。

 

ご両親やおじいちゃんおばあちゃんがつけてくれたのかなぁ、

 

と思ったりして、お子さんを大切にしている

 

周りの人たちの想いも伝わってくるからです。

 

地元の氏神様のお守りや、旅行で訪れて参拝した神社など、

 

お守りもいろいろあります。

 

伊勢神宮など、旅行でないと行けないところのお守りは、

 

大切にしたい気持ち、ありがたさと同時に、

 

旅行の思い出も重なったりしますし、

 

地元の氏神様のお守りは、いつもありがとうございますという

 

気持ちがありますよね。

 

 

どのお守りにも、それぞれの方の想いがあり、ストーリーがあり、

 

でも共通しているのは、守ってくれている安心感、ご加護のありがたさ、

 

目に見えない力を敬う気持ち、大切な人の無事を祈る想い、

 

などかなと思います。

 

 

それぞれの想いを託して、大切に身につけられている、もしくは、

 

おうちに大事に置かれているお守りを、もっと大切にしていただける

 

空間があったら、という思いから、私共の御守立が誕生しました。

 

 

今回、ご購入くださった方から、嬉しい感想をいただきましたので、

 

ご紹介させていただきます。

 

 

「注文から1か月かかるとのことでしたが、2週間ほどで届きました。

 

お守りにちょうどいいサイズでした。

 

外出しない時にお守りを横にして置くのではなく、

 

立てて大切に保管しておきたくて購入しましたが、

 

お守りもきっと喜んでくれると思いました。

 

上品な商品でした。大切にします。ありがとうございました。」

 

 

お守りを大事にされている方の想いが伝わってきて、

 

私共もとても嬉しく、この作品を使ってくださることが

 

とてもありがたいと思いました。

 

こちらこそありがとうございました。

 

 

 

 

 

ギャラリーみつたまのこちらのページで、ご覧いただくことができます。

 

https://minne.com/items/21979375

 

 

 

ギャラリーみつたまの新作品^^

  • 2020.05.01 Friday
  • 16:26

 

手作りサイトのミンネの「ギャラリーみつたま」では、

 

新しい作品をアップしていますのでご紹介します。

 

 

国産ヒノキの御守立、オリジナルノートとボールペンセット、

 

手すき和紙のポチ包みセットです。

 

どれも和心を感じていただけると思います。^^

 

 

下記のブログで写真とともにご紹介しています。^^

 

☆ギャラリーみつたま便り

 

 

ミンネのサイトはこちらです。

 

☆御守立

 

 

☆オリジナルノートとボールペンセット

 

 

☆手すき和紙セット


和ごころ

 

里の春

 


和文様

 

 

写真だけでもどうぞご覧ください。^^

 

 

新ブログご紹介:「和の杜」

  • 2020.04.29 Wednesday
  • 11:28

 

私たちの会のメンバーの杜和さんがブログを始めましたので、

 

ご紹介させていただきます。^^

 

「和の杜」

 

http://wanomori.jugem.jp/

 

 

杜和さんは日本の建築などにも詳しい方で、水引細工も学ばれていますので

 

和心フェスティバルでも、水引の結び方のワークショップを

 

やっていただいています。

 

また、手作りサイトのミンネでは、赤いハートの水引細工を

 

出品していただいています。

 

 

 

 

 

こちらのブログも、これからご覧いただけると嬉しいです。^^

 

よろしくお願いいたします〜。

 

 

みつたま試作品のご紹介

  • 2020.04.20 Monday
  • 09:20

 

ギャラリーみつたまでは、メンバーの手作り作品を販売しています。^^

 

ただ、まだ販売していないけれど、試作品として作っているものもあります!

 

そのような試作品も、ギャラリーみつたま便りのブログでご紹介しています。

 

 

ギャラリーみつたま便り

 

 

リニューアルした榊のストラップや水引のバレッタなど。

 

写真入りでご紹介しているので、ご覧いただけますよ〜。

 

 

水引では、季節に合わせて、平安時代のかさね色目を参考にしながら、

 

季節を感じていただけます。

 

榊は、本物の感じに近くなるように、表と裏の布地の色合いなど、

 

リネンの布で工夫されています。

 

 

和の心を愛するメンバーたちが、一つ一つ心を込めて作っています。^^

 

どうぞご覧ください!

 

 

スタジオもお休みです

  • 2020.04.11 Saturday
  • 21:02

 

コロナウイルスで緊急事態宣言が出されていますので、

 

スタジオも5/6までお休みになっています。

 

そのあとについては、状況次第かと思いますので、

 

また変更がありましたらお知らせします。

 

しっかり気を付けて、外出は控えて、ご安全にお過ごしください。

 

 

インスタの紹介:照子

  • 2020.04.07 Tuesday
  • 08:23

 

私もインスタに写真をアップしていますので、紹介させていただきます。

 

https://www.instagram.com/teruko.seimei/

 

 

ワークショップなどのお知らせのほかに、気の向くままに撮る写真も

 

載せています。

 

木や花などの自然の風景、和雑貨、和を感じる景色、など。

 

インスタを始めて、街中を歩くときに、前よりも周りをよく見るようになりました。

 

小さな花もたくさん咲いていることに気づき、きれいだな〜と

 

思うことも多くなり、写真を撮るのが楽しいです。

 

 

二十四節季:清明

  • 2020.04.06 Monday
  • 08:39

 

私たちの会の名前にも使わせていただいている二十四節季の

 

「清明」の2週間が始まりました。

 

二十四節季とは、1年を春夏秋冬の四つの季節に分けて、

 

そこからさらに六つの季節に分けたものです。

 

つまり、1年の日数を24等分して、12の節季と12の中気に分けて

 

その分割点を含む日に季節を表す名称をつけたものだそうです。

 

例えば、夏至や冬至は中気、立春・立夏・立秋・立冬は節季だそうです。

 

季節を表す言葉なので、なじみがありますよね。

 

 

もともとは中国で名づけられたものなので、日本の梅雨や台風は

 

含まれていないため、少し日本の季節と違うところもあるようですが、

 

日本ならではの季節も「雑節」として暦に併記していたそうです。

 

入梅、土用、などは雑節なのだそうです。

 

入梅や土用と聞くと、日本らしい季節が感じられてきます。

 

 

そのような中で、4月4日か5日に始まるものが「清明」と呼ばれています。

 

万物がすがすがしく明るく美しいころ。

 

なのだそうです。^0^

 

春の息吹、新芽の匂い、目に見える生命力、新しい命が芽吹く、

 

ワクワクする季節ですね。

 

清浄明潔といわれるそうで、清明、です。

 

2020年は4月4日から4月18日だそうです。

 

今、コロナウイルスが拡大していますが、暦の上では、万物がすがすがしく

 

明るく美しいころですから、気持ちは明るく!美しく!ありたいですね。

 

みなさまもお気をつけて、どうぞご安全にお過ごしください。

 

 

ブログ紹介:オフィス清明

  • 2020.04.05 Sunday
  • 11:09

 

清明の会では、お稽古のほか、ワークショップや和雑貨の販売など、

 

いろいろな活動をしています。

 

そのような内容を紹介するブログを、会のメンバーが書いていますので

 

ご紹介します。

 

 

☆オフィス清明

 

http://office.seimei.tokyo/

 

 

和心を感じられるワークショップは人気で、インスタの案内写真を見て

 

参加してくださった方もいました。

 

手作り作品も、和の心を感じられるものを作っています。

 

和といえば神社。^^

 

小さな榊のストラップも人気です。^^

 

いろいろと写真も掲載していますので、どうぞご覧ください!

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

清明の会 ロゴマーク



©2017 Seimei no Kai

神話の岩戸をイメージさせていただきました。 赤は太陽、黄色は天照大神の冠、緑は榊です。

和の心を楽しむ会

*コロナ対策のため延期します

第七回 和の心を楽しむ会

2020年4月11日(土) 10:30〜12:30
「水引ストラップ作り(あわじ結び)」
会場:恵比寿カルフール
ご参加費:2000円
(材料費、お茶代込)
定員:12名(残り8席)

お問い合わせはこちらまで

舞のお稽古

コロナ対策のためスタジオのお稽古はしばらくお休みします。

お問い合わせはこちらまで

和心フェスティバル

*コロナ対策のため延期します

見て、作って、動く、和の心を体験するイベント♪

次回は2020年4月の予定です。

会場:恵比寿カルフール ルームC

ご参加費:入場無料、各ブースで材料費500円

特典:無料お茶サービス(コーヒー、紅茶、ジンジャーエール)

お問い合わせ、ご予約はこちらまで

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM